ホーム業務内容 › リフォーム業務(リフォーム/テクノロジー)

リフォーム業務

リフォーム

外装の改修

建物を守り、美観を創る改修工事。技術と実績でお応えします。外壁面の隙間から入った雨水はやがて浸透し建物の骨組まで腐食させます。
この老朽化を防ぎ美しい外観を維持するための外装工事をト−タルシステムで行います。

【工事参考例】

マンション・事務所ビル等の外壁仕上材の改修
(外壁塗替え、タイル欠損部貼替洗浄・手摺の交換など)

防水工事

漏水を発見したら、徹底した原因追求と適切な補修処置が大切です。防水保証期間中は随時点検を行ない、建物の最大の敵である水漏れの早期発見に努めます。

【工事参考例】

マンション・事務所ビル等の防水工事
(屋上・バルコニーの防水、外部シーリング打替、漏水時の修繕)

内装の改修

住みよく働きやすい環境づくりがご希望の空間イメ−ジを実現します。当社は内装工事も多くの実績を持ち、間取りの変更、壁・天上から床の貼り替え、防音工事など巾広いご注文にお応えしています。

【工事参考例】

床・壁・天井仕上げ材の改修
(ボード貼替、クロス貼替、間仕切り変更工事、テナント退去後の原状復旧工事)

増築、改築工事

オフィスから一般住宅まで、あらゆる増・改築をサポ−トします。
お店のイメ−ジチャンジに、職場の能率アップに、一般住宅では、お子様の成長に合わせた増・改築和室から洋室への改築などライフスタイルの変化にも対応します。

【工事参考例】

自転車置場・ごみ置場等の増設及び改修工事、エントランスホールの改修工事

給排水、衛生、電気工事

生活の水回り、電気工事も専門のスタッフがお応えします。
キッチン、バスル−ム、トイレの改修などを始め給水管の清掃など専門スタッフがご相談に応じます。また電気全般の工事も承ります。

【給排水衛生】

  • 給水管の改修である更新か更正管への工事
  • 高置タンク方式から「加圧ポンプ方式」か「増圧直結方式」に変更
  • 配水管の更新及び更正への工事

【工事参考例】

給排水管の交換、新設及び、配管内部の清掃(内部コーティング)工事
(トイレ・給湯室等水廻りの改修など)

【消火設備】

  • 建物のリニューアル時に現行法規に適合する設備に変更

【工事参考例】

火災報知器・消火栓等の改修及び新設

【電気設備】

  • 容量アップ工事(各戸)
  • 火災感知器、非常誘導設備、誘導灯設備
  • テレビ供聴視設備、デジタル化に伴う工事(BS、CS、インターネット)
  • インターホン、セキュリティーシステム
  • 避雷針設備

【工事参考例】

コンセント・スイッチ・照明器具等の改修及び新設

外断熱工事

この工法はコンクリート躯体の外側を断熱材ですっぽり包み込むことにより外気の影響を受けないため結露現象が発生せず、また二重構造による高い防音効果や省エネ効果により静かで健康的な快適住環境が実現されます。
また、雨や風などの外気との影響が無いためコンクリートの劣化が解消され建て替えに伴う資源の大量消費や建築廃棄物の大量発生を抑え、正に「次世代住宅」として脚光を浴びています。
この工法は新築時はもとより既存建物においても施工対応が充分可能となっておりますので是非ご検討されてはいかがでしょうか。

耐震診断、耐震補強

昭和56年以降の建物は、地震に強い新耐震設計法に基づいて建築されているので問題は少ないが、それ以前の老朽化や劣化した建物は、安全性を確認する耐震診断を受ける必要があります。
当社は、古いビルなどの建築物の耐震診断を行ない、その結果補強工事が必要と認められた場会には綿密な補強設計を作成し、効率的な補強工事をお引受けしています。

建物診断

建物は経過年数に比例して劣化が進み資産価値が下がります、このような劣化を抑え、資産価値を維持・持続さすのが定期点検であり、修繕であります。
しかしながら建物の躯体そのものに最も影響のある屋上防水・外壁・鉄部などの劣化については一般の方では進行状況が判断しにくいものがあります。そこで必要となるのが専門業者による「建物診断」です。
当社では建築後10年を経過した建物については、一度「建物診断」を実施され、その結果により「修繕計画」を立案・策定されることをお勧めいたします。
東京近郊住宅情報(売買・賃貸) ↑現在取扱いを休止しています

関西近郊住宅情報(売買・賃貸)
ページトップ